牡蠣の栄養がもたらす効果と肝機能促進のしくみ

牡蠣の栄養がもたらす効果と肝機能促進のしくみとは?

牡蠣にはいくつか種類があって、それぞれ旬の時期が違っています。お酒を飲む機会が増える冬の時期が旬なのは、真牡蠣です。春の産卵前にたっぷりと栄養を溜め込んでいます。

牡蠣に含まれるタウリンに肝機能促進効果がある

お酒を飲む人は、牡蠣を食べたほうが良いことを知っていますか?牡蠣には肝機能を促進する成分が入っています。肝臓をいたわるためにも、つまみに選んだほうが良いです。

 

肝機能促進につながるしくみは、牡蠣を食べるとたくさんのタウリンを取り込めることです。タウリンはアミノ酸の一種で、体の中では胆汁酸と一緒になっている成分です。

タウリンは脂肪の消化と吸収に胆汁酸は欠かせない存在です。
タウリンが不足しているときに食べすぎや飲みすぎには注意しましょう。

肝機能促進すると、解毒効果が高まります。

牡蠣の栄養がもたらす効果と肝機能促進のしくみとは?

胆汁酸をつくるときには、血液内にあるコレステロールをもとにしています。タウリンがしっかりあれば、胆汁酸も効率良くつくられて、血液内のコレステロールを低下させます。

タウリンの肝機能促進のしくみ
  1. タウリンが血液が程よくきれいな状態にする
  2. きれいな血液が肝臓に流れていく
  3. 毒素を追い出す役割がある肝臓のお仕事を減らせる
  4. 肝臓はお酒の処理に集中できる

タウリン自体もアルコールの分解を助けます。肝細胞の再生にも尽力してくれるから、肝機能促進に不可欠な成分といえます。

 

タウリンはサプリメントでも得られる成分です。ですが、体内に入ると胃酸の分泌が促されて胃がいたくなる場合があります。胃酸の逆流の心配もあるので、心配な方は牡蠣など食材から得たほうが体には優しいです。

 

効果を得たいからと食べすぎることは厳禁で、それこそお腹を壊します。必要以上に取りすぎた成分は尿になって排出されてしまって意味がなくなります。

牡蠣は、ビタミンやカルシウム、葉酸なども含まれています。
肝機能促進以外にも効果が期待できます。

食べ方の注意として、生食用と記してあるもの以外は生で食べずにしっかりと加熱しましょう。中心部分が85度から90度になったら1分加熱されていると安心です。

 

牡蠣サプリ

>>牡蠣の効果とコストで選んだおすすめ牡蠣サプリ総合ランキングはこちら<<

牡蠣,効果,不妊

牡蠣には男性に良い効能・効果があるだけでなく女性にも良い効果が得られることをご存じでしょうか。牡蠣に含まれる亜鉛の効果牡蠣には亜鉛というミネラルが多く含まれています。亜鉛はタンパク質の合成や骨を育てるために欠かせない必須ミネラルの一つです。ビタミンなどもバランスよ良く含まれていることが特徴です。亜鉛は男性の精巣や前立腺などに多く存在しています。男性の性機能を維持するために必要な栄養素となります。男...

牡蠣,効果,血糖値

牡蠣は良質のたんぱく質が豊富で、海のミルクと言われて世界中で愛されています。最近は、日本でもオイスターバーが次々と誕生してにぎわっています。牡蠣には血糖値を下げる効果がある牡蠣は、糖尿病の改善効果も注目を集めています。牡蠣を食べると血糖値が下がることは、昔から知られていたことです。しかし、そのしくみについては、よくわかっていなかったのです。最近になって血糖値を下げるしくみが明らかになってきているた...

牡蠣,効果,肝機能促進

牡蠣にはいくつか種類があって、それぞれ旬の時期が違っています。お酒を飲む機会が増える冬の時期が旬なのは、真牡蠣です。春の産卵前にたっぷりと栄養を溜め込んでいます。牡蠣に含まれるタウリンに肝機能促進効果があるお酒を飲む人は、牡蠣を食べたほうが良いことを知っていますか?牡蠣には肝機能を促進する成分が入っています。肝臓をいたわるためにも、つまみに選んだほうが良いです。肝機能促進につながるしくみは、牡蠣を...