二種類の牡蠣、真牡蠣と岩牡蠣のそれぞれの特徴とは

牡蠣は真牡蠣と岩牡蠣の二種類ある!それぞれの特徴について

いま、大きな注目を集めているのが牡蠣であると言えるでしょう。牡蠣は亜鉛やグリコーゲン、またタウリンや鉄分といった大切な栄養素を豊富に含んでいます。

真牡蠣と岩牡蠣の特徴

もちろん一言で牡蠣と言っても、大きく分けて二つの種類に分けることができます。一つは真牡蠣で、もう一つは岩牡蠣です。では、それぞれの特徴とはいったいどのようなものなのでしょうか。

真牡蠣の特徴
  • 濃厚な味が特徴です。
  • カキフライや、焼いたりしてもたいへん美味しく食べることができる
岩牡蠣の特徴
  • 内臓部分が大きく、みずみずしさがある
  • クリーミーである
  • 生食で食べるとより一層美味しく食べられる
  • つるりとした食感やクリーミーな味わい

このように、味の点でもそれぞれの特徴は大きく異なっているのです。また、これら二つの種類の牡蠣には、旬の時期という点でも大きな違いがあります。

真牡蠣と岩牡蠣は旬の時期が違う

牡蠣は真牡蠣と岩牡蠣の二種類ある!それぞれの特徴について

もちろんどちらの種類の牡蠣も、産卵期は夏の時期であると言われています。しかし、実は美味しくなる旬の時期が異なっているのです。

 

例えば、真牡蠣は秋から冬を越え春先にかけて、最も美味しくなる旬の時期を迎えます。それに対して、岩牡蠣は夏の時期が旬の時期であると言われています。

こうした旬の時期に違いがあるおかげで、一年のうちのいつでもそれぞれの良さを味わい堪能できると言えるでしょう。

さらに、これら二つの種類の牡蠣の産地にもそれぞれの特徴があると言えます。

真牡蠣の産地

北は北海道から南は九州まで。日本全国の海岸で養殖され生産されています。

岩牡蠣の産地

日本各地が産地となっています。なかでも特に有名な産地は日本海側とされています。潮間帯はもちろんのこと、水深15メートルの所で生息しているものもあります。大きく成長するのも一つの特徴となっています。

 

牡蠣サプリ

>>牡蠣の効果とコストで選んだおすすめ牡蠣サプリ総合ランキングはこちら<<

【牡蠣は真牡蠣と岩牡蠣の二種類ある!それぞれの特徴について】記事一覧