牡蠣の特徴と産地について

牡蠣の産地はどこが有名?特徴を含めてご紹介します

牡蠣は、栄養価が高く、美味しいので日本でも愛されている食材のひとつです。産地によって違いがあり、三陸産と広島産では大きさも味も違うのです。

牡蠣の産地を知っておくと選びやすい

牡蠣の全国水揚げのほとんどは、宮城県と広島県で占められています。加熱用を含めると、生産量の第1位広島県ですが、生食用では宮城県が第1位となっています。

広島産の特徴

広島県は、瀬戸内海に大きな川が流れています。そのため、栄養が豊富で大ぶりな牡蠣が育ちます。あっさりしているのは広島産で、濃厚なのは宮城産です。

宮城産の特徴

三陸地方は、寒流と暖流がぶつかる世界三大漁場のひとつです。三陸地方は、リアス式海岸で、周囲を山が囲んでいます。森林に注いだ雨水は、地中深くに入り、海岸線まで流れていきます。森林と海の共存が、美味しい魚介類を生み出しているのです。

牡蠣の特徴は豊富に含まれる亜鉛にある

牡蠣の産地はどこが有名?特徴を含めてご紹介します

牡蠣の大きな特徴のひとつが、亜鉛の豊富さです。あらゆる食品の中で、トップクラスの亜鉛含有量を誇っています。亜鉛は、新陳代謝を促し、肌や髪に潤いを与え、精力を増強します。そして、免疫力を高め、酵素の働きも活発にします。

 

亜鉛は、体にとって重要な働きをしています。不足すると、脱毛や生殖機能の低下、味覚障害など様々な悪影響が出ます。

牡蠣を食べると鉄分やグリコーゲンも摂取できる

日本女性が不足しやすい栄養素のひとつが鉄です。鉄分が不足すると、貧血や冷え性の原因になります。牡蠣には、グリコーゲンや吸収率が高いと言われているヘム鉄が豊富に含まれいます。貧血の予防や疲労回復に効果的です。

 

鉄には、体温を保つ働きもあるため、冷え性の改善も期待できます。グリコーゲンは肝臓に貯蔵され、必要になるとエネルギーに変換され、肝臓の機能を高めます。また、脳や筋肉の働きを活発にして、疲れを取ります。

 

牡蠣には、生食用と加熱用がありますが、生食用は保健所指定の海域で育ったものです。

加熱用のものは保健所指定の海域以外で育ったものなので、生食は厳禁です。

食べるときにレモン汁をかけるのは、鉄や亜鉛の吸収が良くなるからです。

 

牡蠣サプリ

>>牡蠣の効果とコストで選んだおすすめ牡蠣サプリ総合ランキングはこちら<<

牡蠣,産地,特徴

牡蠣は、栄養価が高く、美味しいので日本でも愛されている食材のひとつです。産地によって違いがあり、三陸産と広島産では大きさも味も違うのです。牡蠣の産地を知っておくと選びやすい牡蠣の全国水揚げのほとんどは、宮城県と広島県で占められています。加熱用を含めると、生産量の第1位広島県ですが、生食用では宮城県が第1位となっています。広島産の特徴広島県は、瀬戸内海に大きな川が流れています。そのため、栄養が豊富で...