牡蠣の旬の時期はいつなのか

たくさんの栄養が含まれている牡蠣の旬の時期はいつ?

牡蠣は栄養が豊富で美味しいため、世界中で食べられています。

食材として日本だけでなく世界各地で食べられている牡蠣。貝類の中でも特徴的な身の柔らかさと独特な味の濃さには専用のバーがあるほどです。この食材が好きだという人はかなり多いようです。

 

そんな牡蠣は栄養がたっぷり含まれていることも知られています。特に、なかなか摂取しづらい成分が多く含まれていることから、「海のミルク」や「海の完全食品」とも言われています。

牡蠣に含まれる豊富な栄養分

その中でも亜鉛、タウリン、グリコーゲンは新陳代謝や疲労回復に影響がある成分です。疲れているときなどは積極的に摂りたい食品です。
ただ、牡蠣には明確な旬の時期があります。ではその旬の時期とは、日本で食べる場合はいつになるのでしょうか。

牡蠣はいつが旬の時期なのでしょうか

たくさんの栄養が含まれている牡蠣の旬の時期はいつ?

この貝にはいくつかの種類があります。旬の時期で言うならば大きく分けると二種類、イワガキとマガキです。旬についても、この二種類で大きく違うものとなります。

 

旬の時期が異なる理由は、産卵期にあります。牡蠣は産卵のために栄養を蓄え、産卵によってその貯めこんだ栄養を使っていきます。産卵期は3月から8月ごろです。この時期の前である冬場が栄養たっぷりで味も濃くなるというわけです。

真牡蠣の旬の時期について

もっともよく見る牡蠣であり、スーパーなどでも良く売られているのは真牡蠣です。マガキの旬はいつかというと、冬場です。具体的に言えば、11月から4月ごろまでが旬ということになります。

岩牡蠣の旬の時期について
一方イワガキはこの逆で、夏場7月から9月ごろまでがもっとも美味しくなる時期となります。なぜイワガキは夏場なのでしょうか。

 

実はイワガキは、マガキが一気に産卵して栄養を使い切るのに対し、少しずつ産卵します。産卵時期になっても身が痩せず、むしろ最も栄養を蓄えた状態になるのです。

 

天然ものがほとんどのイワガキの場合、寒い時期であるということも影響しています。また、冬場はそれほど栄養を蓄えていないということも理由です。

 

せっかく栄養たっぷりで美味しい牡蠣ですから、旬の時期に食べたいものです。種類をよくみて、旬なものを買うと良いと言えるでしょう。

 

牡蠣サプリ

>>牡蠣の効果とコストで選んだおすすめ牡蠣サプリ総合ランキングはこちら<<

牡蠣,産地,特徴

牡蠣は、栄養価が高く、美味しいので日本でも愛されている食材のひとつです。産地によって違いがあり、三陸産と広島産では大きさも味も違うのです。牡蠣の産地を知っておくと選びやすい牡蠣の全国水揚げのほとんどは、宮城県と広島県で占められています。加熱用を含めると、生産量の第1位広島県ですが、生食用では宮城県が第1位となっています。広島産の特徴広島県は、瀬戸内海に大きな川が流れています。そのため、栄養が豊富で...

牡蠣,旬の時期,いつ

牡蠣は栄養が豊富で美味しいため、世界中で食べられています。食材として日本だけでなく世界各地で食べられている牡蠣。貝類の中でも特徴的な身の柔らかさと独特な味の濃さには専用のバーがあるほどです。この食材が好きだという人はかなり多いようです。そんな牡蠣は栄養がたっぷり含まれていることも知られています。特に、なかなか摂取しづらい成分が多く含まれていることから、「海のミルク」や「海の完全食品」とも言われてい...