牡蠣の保存方法を学びましょう

牡蠣の上手の保存方法とは?常温や冷蔵での保存方法をご紹介します

冬が旬でもある牡蠣は、ノロウイルスや食中毒の原因にもなるため上手な保存方法を知っておくことが大切になります。

 

牡蠣は一個売りよりもたくさん入った袋やカゴ一盛りで購入する方が安く、ついついそちらの方を購入してしまうことがありますよね。たくさん頂いてしまった場合には、一度には食べきれないので上手に保存しておく必要があります。

常温での牡蠣の保存方法

殻付きの牡蠣は、乾燥に非常に弱いです。風通しのよい10度以下の場所で保存しましょう。冷蔵庫は乾燥しているため常温で保存する方がおすすめです。軽く湿らせた新聞紙などをかぶせて発泡スチロール箱などに入れて調理するまでの間、常温で保存しておきましょう。

冷蔵での牡蠣の保存方法

もしも冷蔵で保存する場合には、粗塩などを使って3パーセントほどの濃度の塩水を作ります。その中にくぐらせてから、湿らせた新聞紙やキッチンペーパーなどでくるんで、しっかりとラップをかけて冷蔵庫で保存しましょう。

牡蠣の風味を落とさないように保存方法に注意しましょう

牡蠣の上手の保存方法とは?常温や冷蔵での保存方法をご紹介します

牡蠣は生命力が強いので状態が良ければ10日前後生きているものもあります。しかし生牡蠣の保存期間は長くても水揚げしてから5日間と定められています。

 

保存状況などによっては、もっと早く傷んでしまったりすることもあるので、不安な場合には加熱して食べるようにしましょう。むき身を買ってそのまま保存する方法は、袋のまま保存する方法が一番理想的です。

牡蠣が痛まないよう開封後は塩水に移しましょう

少しだけ使うために開封してしまったときには、袋に入っている塩水をタッパーなどの容器に移し、その中にむき身を入れてしっかり封をして冷蔵保存するようにしましょう。

袋に表示してある期限まで保存することができますが、一度開封してしまった場合には空気に触れてしまっているためできるだけ早く食べる必要があります。

また、むき身を冷凍保存する方法もあります。流水で洗い一粒ずつラップでくるみ、密封できる袋に入れて冷凍しましょう。1か月ぐらい保存できますが、風味や味が落ちてくるので、なるべく早く食べるようにしましょう。

 

牡蠣サプリ

>>牡蠣の効果とコストで選んだおすすめ牡蠣サプリ総合ランキングはこちら<<

牡蠣,産地,特徴

牡蠣は、栄養価が高く、美味しいので日本でも愛されている食材のひとつです。産地によって違いがあり、三陸産と広島産では大きさも味も違うのです。牡蠣の産地を知っておくと選びやすい牡蠣の全国水揚げのほとんどは、宮城県と広島県で占められています。加熱用を含めると、生産量の第1位広島県ですが、生食用では宮城県が第1位となっています。広島産の特徴広島県は、瀬戸内海に大きな川が流れています。そのため、栄養が豊富で...

牡蠣,旬の時期,いつ

牡蠣は栄養が豊富で美味しいため、世界中で食べられています。食材として日本だけでなく世界各地で食べられている牡蠣。貝類の中でも特徴的な身の柔らかさと独特な味の濃さには専用のバーがあるほどです。この食材が好きだという人はかなり多いようです。そんな牡蠣は栄養がたっぷり含まれていることも知られています。特に、なかなか摂取しづらい成分が多く含まれていることから、「海のミルク」や「海の完全食品」とも言われてい...

牡蠣,保存方法,常温,冷蔵

冬が旬でもある牡蠣は、ノロウイルスや食中毒の原因にもなるため上手な保存方法を知っておくことが大切になります。牡蠣は一個売りよりもたくさん入った袋やカゴ一盛りで購入する方が安く、ついついそちらの方を購入してしまうことがありますよね。たくさん頂いてしまった場合には、一度には食べきれないので上手に保存しておく必要があります。常温での牡蠣の保存方法殻付きの牡蠣は、乾燥に非常に弱いです。風通しのよい10度以...